時代に合わせた景品に

年始の風物詩と呼んでも過言では無い「年賀状」が近年、時代に合わせた景品を準備しており、利用者の話題を集めています。これまでは、ハワイ旅行や家電製品が商品とされていましたが、現在では、1等は現金1万円に変更されています。これは、強い円安が進んでいた時代には、海外旅行が興味関心・憧れの対象とされていましたが、現在では、大手旅行代理店などで、数万円用意すれば、海外に渡航することが可能となり、消費者の価値観も多様化されたためです。そこでJPでは、様々な価値観に対応可能な現金1万円をプレゼントする形に変更いたしました。年賀状のお楽しみくじは、以下の当選確率で当たります。

1等、当選番号が下5ケタ、商品現金1万円、当選本数:32,327本(10万本に1本)
2等、当選番号が下4ケタ、ふるさと小包など、当選本数:323,275本(1万本に1本)
3等、当籤番号が下2ケタ、お年玉切手シート、当選本数:64,655,160 本(100本に2本)

近年、メールなどで年始の挨拶をされる方が増えていますが、年の初めの運試しに、年賀状を購入してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>