景品で嬉しいものが多い

年の初めに届く年賀状を見るのが楽しみだという人も多いのではないでしょうか。
長くご無沙汰になっている人から届くハガキで近況を知ることもあります。

年賀状の楽しみと言えば、誰からどのような内容の年賀状が届くのかということもありますが、お年玉つき年賀ハガキも楽しみの1つではないでしょうか。
お年玉つき年賀ハガキは、表面の下に番号が記載されています。
成人式が近くなると当選番号が発表されます。
1等から3等までの当選番号があり、昨年は、1等は現金、2等はふるさと小包や家電製品、3等は切手シートにでした。
もらうと嬉しい景品ばかりなので、当選しないかどうか楽しみに発表を待っている人も多いです。

お年玉つき年賀ハガキの景品は、その年によって異なります。
昨年の当選は、1等は下5ケタの数字が対象となりました。
当選の確率は10万本に1本の確率でした。
毎年1等が当選する確率はかなり低いので、長い間年賀状をチェックしていても、なかなか当たるものではないようです。
2等は下4ケタの数字が対象となりました。
2等でもなかなか当たることがなく、今まで1回も当たったことがないという人も少なくはないようです。
3等は下2ケタの数字で当選番号が2つあったので、当たりやすかったようです。
当たる確率は100枚に2枚と言われていたので、1枚は当たったという人も多かったようです。

過去にも魅力的な景品が多く登場しています。
1等では、国内旅行や海外旅行、パソコン、マッサージチェアーなど豪華なものが出ていました。
2等では、デジタルカメラや家庭用ゲーム機器、空気清浄器などが出ています。
いつの年も当たると嬉しいものが多く出ています。

お年玉つきの年賀状は新年度の挨拶だけでなく、景品が当たるかもしれないお楽しみのハガキになるので、毎年年賀状をもらうことがより楽しくなります。
引き換えの期間は決まっているので、当選番号は早めにチェックして当選しているときはすぐに引き換えに行くようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>