確認する楽しみを持つと

年賀状というのは新年の挨拶を付き合いのある人に書面で行う毎年の欠かせないイベントです。しかし、実際には形式的な付き合いの人にも年賀状を出すことが多いですし、近年では印刷会社で格安の大量印刷を利用したり、パソコンを使った自作の年賀状を簡単にプリンタで大量に印刷できるようになったため、なおさら誰から来たのかを見ることすらなくなりつつあります。
しかし、毎年同じ人から届いているように見えても、実際には前年に連絡先を交換した相手から年賀状が届いたり、住所変更などの挨拶が来ていることもありますので、きちんと調べておく必要があります。また、はがきについている商品の抽選の当選番号も、きちんと確認しなければ商品を受け取ることができません。実際、毎年届いた大量のはがきを確認せずに放置している人が多いこともあり、年賀状の抽選に当選していても商品を受け取りに来ない人の割合がかなり高くなっています。交流している人の最新の情報と商品の当選、きちんと確認しておかなければこれら二つの大切な情報を見落としかねませんので、時期を見てきちんと調べるようにしましょう。
チェックするタイミングは、新年に届いたらそのつど内容を見るというのも一つの方法ですが、当選番号を確認する楽しみを持つと、空き時間を利用して中身を見るようになります。賞品が当たっていないか見ているときに、送ってくれた相手の近況を知ることができたというケースも多く、また、当選していたときに商品をきちんと受け取ることができますので一石二鳥です。
近年ではメールなどによる新年の挨拶をしている人も多くなってきましたが、これではなおさら情報をチェックする手間を惜しむようになってしまいます。紙の年賀状は相手の肉筆を見たり、近況を把握したり、抽選の結果を楽しむなどさまざまな楽しみ方ができますので、来年は気持ちを入れ替えて一枚一枚丁寧に見るようにしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>